特殊清掃の方法

動物などの遺体を特殊清掃によってきれいにすることは非常に大切ですが、特殊清掃の方法というのもかなり大切になってきます。

動物を回収するときは、多くの場合は熊手やシャベルなどの道具を使って引き寄せたりすることが多いそうです。
参照:特殊清掃のネクストHP

もちろん手袋をして行います。
そのまま手で行うということはしませんが、感触がどうしても気持ちのいいものではありません。
そのため、多くの特殊清掃の作業員はこういった道具を使って回収することが多いのです。

しかし道具を使うとはいっても、どうしても手と同様には行きませんから、うまく取れないこともしばしばあります。

うまく取れない原因の1つとしてよく挙げられるのが、腐敗が進みすぎている場合です。

1体の動物の身体として回収することが出来なくなってしまうのです。

腐敗が進みすぎてしまっていると、体が途中で分かれてしまい、回収が非常に大変になってしまうことも多いそうです。

なぜ大変な状態になってしまうのかというと、臓器の処理によるものです。

この臓器の処理というのが大変で、腐敗により体が分かれてしまうと、臓器も同じように分けてから回収しなくてはいけないようになってしまうのです。

人間より遥かに小さな動物の遺体といえども、これだけ大変なのですから、特殊清掃に従事する人達には頭の下がる思いです。